古き良き・・・裏路地にて

シュテファン広場の北側、

とても趣きのある細い石畳の路地や古い館が並んでいます。

ゾンネンフェルスガッセという通りから、

「美しいランタン通り」と呼ばれるカーブした細い路地へ。

すると、バジリスケンハウスと呼ばれる、

上部に醜い怪獣の石像と壁画があります。

昔、この館の井戸に住むバジリスクという怪獣が、

井戸に毒を入れるなど悪さをしていたらしいです。。

この通りには、1838年にシューマンが住んでいた家もあります。

さらに北の通り、フライシュマルクトはギリシャ商人移住地でした。

この通りには有名なレストラン「グリーヒェンバイスル」

新ビザンチン様式のギリシャ正教会があります。

細い路地にぎっしりと絵本から飛び出してきたような町並みにもう夢中!

夕方の日差しが落ち着いた時間にのんびり歩きたい。。

そんなゆったりした気分になる、アンティークのような通りでした。

ウィーン美術史美術館より

ウィーン美術史美術館にて

 

こちらの美術館で最も有名なのはブリューゲルのコレクション。

他には、デューラー、ルーベンス、ラファエロ、

ティツィアーノ、クラナッハ、ホルバインなどの

巨匠の名画が展示されています。
私自身は絵画に詳しくはないのですが、

「知ってる!」名画にたくさん出合えました。

なんとも言えない、繊細で美しい色使い。
何かを訴えてくるような、もしくは吸い込まれるような。
時が止まってしまったような感覚。
絵達にはそんな不思議な力があり、とても好きな空間です。
ゆったりとした展示室には中央にソファーがあり、
お気に入りの絵の前でじっくり鑑賞したり、休憩したりと、
みなさん思い思いに過ごしていました。

 

 

 

さて、ロビーで面白いものを見つけました。

 

 

 

 

分かりましたか???

 





アルチンボルドの絵を再現しています!

マンゴー&グレープフルーツ

MangoMango
MangoMango
Grapefruit
Grapefruit

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の限定フレーバーが今年も登場しました。

とってもフルーティーでアイスティーにもぴったりな

「マンゴー・マンゴー」「グレープフルーツ」です。

「グレープフルーツ」は昨年も大人気のうちに終了。

爽やかな薫りでご好評いただきました。

1年お待ちいただいたお客様

お待たせいたしました!

今年初登場の「マンゴー・マンゴー」

これまたフルーツのマンゴーそのままの濃厚な

でフルーティーな薫りをお楽しみいただけます。

フルーツティーとしてだけではなく

フルーツポンチやゼリーなどにお使いいただければ

暑い夏がいっそう楽しく涼しく乗り切れますね♪

「金色の玉ねぎ坊主」

カールスプラッツ駅から、ナッシュマルクトに向かう途中、

右手に現れた一際目立つ、真っ白い壁に金色のたまねぎ!!

・・たまねぎではないです。。

「金色の玉ねぎ坊主」という愛称で親しまれ、

4分の3が透かしになっているドームは、

オリーブの葉がモチーフです。

この建物は19世紀末の分離派芸術家の拠点だったそうです。

 

一見、アラブ風でもあるこの建物。

私は、細い線で描かれた花のモチーフの壁画がお気に入りです☆

 

 

6/30まで送料無料お中元ギフトのページはコチラ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.haas.co.jp/08tyugen/index630.html

ウィーンをご案内♪

ウィーンへ昼過ぎに到着!

飛行機の長旅に少々疲れてはいましたが、

晩御飯にはまだ早い!ということで、

すこし足を伸ばし、ナッシュマルクトへ。

 

ナッシュマルクトは

カールスプラッツ駅の側から

ケッテンブリュッケンガッセ駅に向かって

端から端まで600mもあるにぎやかな通り。

 

新鮮な野菜や果物、肉屋、チーズ、パン屋などの他に

衣料店、サンドウィッチなどのスタンドなどもあります。

色鮮やかなフルーツやお花。

新鮮な山積みの野菜やドライフルーツ。

 

 

レストランもウィーン料理が食べれるお店を初め、

シーフード、和食、中華、タイ料理となんでもあります。

 

お店が並ぶ通りを抜けると

「あら?ステキな壁画の建物♪」と思えば、

オットー・ワーグナーのマジョリカハウスを発見!

 

マジョリカハウスとは、赤い花模様が描かれた

イタリアのマジョリカ焼きのタイルで覆われています。

 

町全体がとてもセンスのいい建築博物館のよう。

歩くだけでも楽しい!

 

ウィーンの町並みにとても感動です★

 

どんどん、ウィーンの町をご案内したいと思います!!

 

楽しみにしていてくださいね☆

 


6/30まで送料無料お中元ギフトのページはコチラ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.haas.co.jp/08tyugen/index630.html

ウィーンの旬

「ウィーンの旬のホワイトアスパラガスは美味しい!」

とうかがっていたので、とっても楽しみにしていたこの一品。

実は缶詰のホワイトアスパラが苦手な私・・・

でも教えてくれた方の感動の表情から「さぞや」と密かに憧れておりました。

いざひとくち・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!」

とっても美味しいじゃないですか~!!!

しゃっきりととした歯ごたえのうえにとってもジューシー!

アスパラで口の中がとっても充実した感じがました(笑)

あぁ、とっても幸せなひとときでした 

今の時期ウィーンを訪れの方はぜひお試しください♪

 

6/30まで送料無料お中元ギフトのページはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.haas.co.jp/08tyugen/index630.html

ご来店ありがとうございました

都筑阪急催事イベントにご来場ありがとうございました

 

都筑阪急での出店は初めてでしたが、
 
多くの地元や東京都にお住まいのお客様にご来店頂きました。
 
直に茶葉の香りを試して頂き、

いろいろな感想なども伺えてとても嬉しかったです。
 
初めてハース&ハースを知って頂いた方もたくさんいらっしゃって、
 
楽しいティータイムを過ごせていただけると嬉しいなぁ。。
 
と、思うとドキドキ、楽しみな気分になりました。

これからもいろんなイベントでたくさんの方に

お会いできるのを楽しみにしています♪

★★★ 臨時休業のお知らせ ★★★ まことに勝手ながら5月31日(金)から6月8日(日)
までの
ウィーン本店での研修のため休業とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

オオカミの花

GWも終わり、もうお出かけはたくさん。

なんて思っている方も多いのでは?

今の季節は、芝生でゴロゴロ、が一番楽しいですよ。

本を片手にゴロゴロ、ゴロゴロ。

うたた寝してしまってもこの陽気なら平気ですね。

いつもの万博公園では、ルピナスが最盛期。

別名、昇り藤と言われているようです。 たしかにね~。

花言葉は、「貪欲」「想像力」「いつもしあわせ」色々ありました。

うん? 貪欲でいつもしあわせ、なんだか矛盾してない?

でも名前はギリシャ語の「オオカミ」が由来で

旺盛な繁殖力をたとえたものと聞くと、不思議と納得。

オオカミって童話の中でもいつも憎まれ役で可愛そうですね。

本当はとってもおくびょうな生き物だそうですが。

私は息子が飼っている犬がオオカミの血を引いているので、オオカミ大好きですよ~。

ルピナスのそばにはマロニエの木もきれいな花を咲かせていました。

★★★ 臨時休業のお知らせ ★★★

まことに勝手ながら5月31日(金)から6月8日(日)
までの
ウィーン本店での研修のため休業とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

ロハスフェスタと花便り

4月26日、27日と万博公園で行われた「ロハスフェスタ」は、

心配していた雨も、来場者のあまりのパワーにおじけづいたのか、

引っ込んでしまいました

“おしゃれでヘルシー、 自分にも地球にも やさしいライフスタイル”

をモットーに、350店以上が集まりました。

今年で4回目になるこのフェスタ、

本も出版されている程、楽しいお祭りです。

ハース&ハースのお茶も、

ホントたくさんのお客様さまにご紹介できた良かったです!


万博公園のチューリップも見納めです。

私が好きなのは、イル・デ・フランス

という赤いチューリップ。

ずらりと並んだその姿は、

モネやルノワールの

絵画に出てきそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★★★ 臨時休業のお知らせ ★★★

まことに勝手ながら5月31日(金)から6月8日(日)
までの
ウィーン本店での研修のため休業とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。