ハース&ハースとは

FHaas

Wien Shop

photo02

オーストリアの首都ウィーンは2000年以上の歴史をもった美しい都市。
13世紀にハプスブルク家が統治したオーストリア・ハンガリー帝国時代首都でした。
ハース&ハースの本店は聖シュテファン寺院のすぐ横にある16世紀にドイツ騎士修道会の修道院として使われていた建物の中にあります。
モーツァルトを始め数々の有名な人々が宿泊したこともあるこの建物は歴史的に非常に由緒あるものです。

Tea&Coffee

af_bell_4ハース&ハースの全ての商品が無添加、無着色。
ケミカルな合成物、添加物は一切使用せず
全てが天然のものから作られています。

 特にフルーツティーはオーストリアとドイツで生まれイタリア、フランス、アメリカでも絶大な人気を得ています。

その理由は、天然で最高級のドライフルーツのみでできているので
体によく、もちろんダイエット時も楽しんで頂けます。
カフェインが入っていないのでいつでも飲めて(夜でも)、色々な種類が楽しめます。ビタミンCを含み発汗作用もあるので風邪によく、子供も安心して飲めま す。その赤ワインのような美しい色と、多様なフルーツの調和のとれた風味で絶大な人気をえているブーケロイヤル等多くの種類が楽しめます。

Other

shopwindow.jpg

1974年創業のハース&ハースは商品の最高級の品質は勿論、
商品の美学も追求しています。季節毎に店内は模様替えし、そのつど新しい贈答用のパッケージをデザインして店頭に置きます。ハース&ハースのオリジナルのギフトはそのデザイン性の高さから幅広い支持を得て定評があります。
隣接するティーハウスでは実に150種類以上ものお茶が取りそろえられていて陶器、ガラス、銀、木、その他色々な材質からなる雑貨も多数用意しています。商品は全て世界中から最も品質の良いものだけを選りすぐっています。

 

 

 

gastro-loc01gastro-loc06その他数々のジャム、ギフト用品の販売と並んで
レストランの経営があげられます。
ここではお店に置いてある代表的な商品を実際に
味わってみることができます。
リングギャラリーという高級ショッピングモール内にも
出店しております。Teahous Haas&haas (本店内)  http://www.gnavi.co.jp/world/europe/vienna/w309020/
コロニアルティーハウス(リンクギャラリー内)   http://www.gnavi.co.jp/world/europe/vienna/w309011/

garden_2【テラスでシュテファン寺院を眺めながらお茶を楽しむ人々】
ウィー ンといえば、カフェでコーヒーとすぐに思いつくが、実はおすすめのティー ショップがあるのだ。オペラ座からケルントナー通り(東京でいう銀座みたいな大きなショッピング通りがある)を真直ぐ歩くと、聖シュテファン大聖堂という 大きな教会があるのだが、その裏手に「Haas&Haas」(ハース&ハース)という名のティーショップがある。中に入ると、オリジナルの黒い紅 茶の缶が壁面にズラリと並んでいて、その数は150種類近い。といっても、純粋な紅茶というのは数も限られていて、これほどまでの種類が並ぶのは、フルー ツや花などを混ぜ合わせたセンテッドティーの品揃えのおかげという感じだ。お願いすると、缶の中の香りを試させてくれる。

紅茶以外のグッズも面白く、オリエンタル調の缶や茶器、日本の煎茶を飲む時の急須や茶器なども置いてある。隣接のテラスでは、紅茶とケーキを楽しめる。紅茶好きには是非とも出掛けてほしい店である。

たくさんの紅茶の包みを抱えて店の外に出ると、聖シュテファン大聖堂の大きな尖塔が空に突き刺すようにそびえているのを見上げて、嬉しい気分になれる場所だ。

—- 「すてきな紅茶生活」斉藤由美著(PHP) より抜粋

【 その他 】
2010.10.7 オーストリア大使館・大使公邸にて「ウィーンティーテイスティング・レセプション」開催いたしました。
街角便り過去のウィーンに関する記事を掲載いたしております。

HOMEへ